忍者ブログ

金ちゃんblog

金ちゃんのアヴェントゥーラブログ
RECENT ENTRY RECENT COMMENT

2017/11/22
16:33
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/06/24
00:00
おっと、さぼってた。。。

えぇ〜っと、何から書きましょうか。

まず、西武台戦。


その日はちょっとした用事で香川に行ってました。

 


ちょっとした時間を見つけて、屋島陸上競技場と、Jリーグを目指し、四国社会人リーグを戦う「カマタマーレ讃岐」のホームスタジアムと、練習場にもいってきましたよ。

俺の経験上、Jを目指す上で、必ず必要になるのが、地元の自治体と協会、商工会議所の協力が絶対。

このカマタマーレは、自治体と協会の協力は万全ではないものの得ている。

これまで、野球王国だった香川。

四国・九州アイランドリーグでプロ野球チームがあるが、サッカーではそういったチームはなかったのが大きいのかもしれない。

カマタマーレは市民チームとして、アヴェントゥーラに似ているから参考になるのではないのだろうか。

とも思ったけど、埼玉には浦和と大宮が存在し、結局埼玉県に頼るには相当な労力が必要になるだろう。

自治体の協力は一筋縄ではいかない。

いくら市長や政党が協力すると言っても、全て選挙で変わってしまうのが怖い。

俺はそういった経験をしてきて、市長のその場での力は絶大だけど、長期的な事を考えると全然アテにはならない。

となるとまず、おらが街のチームとして市民や議員達、協会に根付かせなきゃいけないんだけど、この時点でつまずいているのが現状。

市民、議員へのアピールなら僕らもできるが、協会との関係はチームが頑張らないといけないよなぁと、このグラウンドを見ていてしみじみ思った。

だって、日本のほとんどのスタジアムは自治体と協会の持ち物だからね。

一企業が所有しているスタジアムは、Jでは日立柏サッカー場だけ。

しかも、柏市はレイソルに対してそんなに協力的ではないからね。

そういった所では、こんな綺麗に刈られた芝生で練習、試合が出来るカマタマーレは恵まれてるよなぁと思った。

スタジアムだって、全改修しなくても、ちょっと増築すればJ2も開催できるだろうし。

見ていてちょっとうらやましく思った。


そして、先日のセボ戦。

まぁ、色々な思いは皆それぞれありますな。

もう、一昨年の出来事を引っ張りだして、根に思ってる人はほとんどいないし、俺ももう仕方のない事だと思っている。

別に首を切った事を怒ってるわけじゃないし、選手達には関係のない事。

あの頃からアヴェントゥーラにいた選手はウッチーさん、ミチさん、恭平、ヒロシ、ヒラくらい(誠司君は帰って来た)だからね。

アマチュアのチームでこれだけ毎年入れ替わるのも凄いけどw

もう、そんな思い関係なく、元アヴェントゥーラの選手達には接する事は出来る様にはなったかな。


試合前、選手達はリラックスしていた。

でも、ちょっと緊張感が足りないかなとも思った。

スタメンを見る。

ボランチの位置にウッチーさん。

西武台戦でボランチに復活してから、良かったのだろう。

でも、CBは不安だった。

そんな不安は的中。

もう、やる事やる事が全て後手後手。

ちょっとした事なんだけど、このちょっとした事が結果に大きくつながる。

そんな事を思い知らされた試合だったかな。

試合に対する緊張感と集中力が皆バラバラだったね。

戦術的な事は何が悪かったかは試合後に皆と話をして同じだったので、修正は出来ると思う。

でも、モチベーションの部分や集中力と気持ちの切り替えは、やっぱり絶対的にリードする選手が中盤に一人欲しい。

ウッチーさん一人では厳しいものがある。

カツオさんもハーフタイムで、「こういった状況でも選手達自身で立ち直れる力が今は必要」と言っていた。

それが今後の課題じゃないだろうか。

でも、最近は洋介君も主将の自覚が出て来て積極的に皆とコミニュケーションを取ってるし、自分から様々な起点を作ったりと工夫をしながら頑張っている。

ヒロシだって様々な出来事の要因や修正を常に考えながらプレーする様になったし、ちょっとした事じゃキレなくなった。

ユウマ君だって、ゲームを組み立てるポジションへの責任感が増してきて、声が出る様になったし、皆を鼓舞するジェスチャーも増えた。

皆成長しているんだなぁとこの試合を見るだけでも分かったよ。

確かにはたから見たら、今年の最初に戻った様な試合運びだったけど、ちゃんと選手を見てれば、全然違う。

一番危ないのは、調子が良い時。

崩れて行くのも調子が良い時。

それが分かっただけでももうけもんだよ。

でも、1−4の敗戦は悔しいね。


むかついたから、セボの7番、潤の変な顔を、Pasion sitioのブログ記事のバナーでトップにもってきてやった。

潤、早くメールをしてきなさいw

さて、中断期間は歌に集中しますか。
PR

2010/06/02
20:59
ちょっと遅れたけど


さて、日曜日に東松山にてゴミゼロ活動が行われた。

5月30日(530ゴミゼロ)だからと言う事だ。

そして、東松山では迷惑も多々かけているので、感謝の意味も込めて参加した。

たまたまアヴェントゥーラの試合が休み(決して、狙ったわけではない)だった事もあり、リラックスした感じで行く事が出来た。

CB(坂戸サポーター)の方々に東松山駅まで迎えにきて頂き、リコーグラウンドへ。

いくら、埼玉県連盟の処分に納得がいかないとは言え、これはこれ。

子供じゃないんだから、出来る事は関係なく俺は協力したい。

それ以前に、連盟をここまで怒らせた根本的原因は長岡さんにあるわけだから(関社での出来事だけじゃないからね。)仕方がないと思ってる。

オンとオフの使い分け。

俺はオンの時が人間、本当自分だと思っている。

オンが上手く行けば何でも良い。

だからオフはどうでもいいのよ。

誰に文句言われようが、グダグダだろうが、イライラしようがさ。

だけど、オフの時こそ目的の為に自分を殺し、常に学び、成長する意識が無いと、人間落ちてくだけなんだよね。

水は上から下にしか流れない。

「質」も同じなんです。

楽をすれば落ちてくだけ。

オンの時に文句を言わせず、しっかりとやるためにオフはある。

そこんとこ、ウチのチームのオフィシャルの人は欠けてると思うよ、正直ね。

こういった折角良い行事、感情関係なく参加出来る様にならないとさ。

信頼もクソもないよ?

オンの時文句を言われてもしょうがないよねってなっちゃうよ?

こういった場は本当に大切だと痛感した。

良い事も嫌な事も含めてね。

僕らは社会人(大人)ですから。

本当にこのイベントを企画して、誘ってくれたCBの方々には感謝したい。

そして、坂戸シティーの方々、セボジータスの方々ありがとうございました。

2010/05/30
10:33
写真は面白い

写真なんて俺は素人。

ましてや一眼レフなんてこないだ初めて触った。

日本代表やJリーグ、色んな試合に行くと、高そうなカメラにバズーカみたいなレンズ。

皆お金かけてるなぁと。

俺はそんなお金ないし、いまの所アヴェントゥーラサッカートップチームの選手しか撮る気しない。

サッカーの写真って色んな要素があると思う。

大抵は自己満足だったりするし、俺もそうなのかもしれない。

自分のサイトの素材として、有名な選手を撮って自慢したいとかさ。

色々理由はある。

俺の場合は「選手のナルシズムを掻き立てる」かな。

選手はなんだかんだ、プレーに関してはナルシストだと思うんだよね。

自分が見せたいプレー、特徴、得意プレー、性格とかある。

そうゆうのを探って行くのはおもしろい。

例えば

このヒロシの写真。

ヒロシの特徴と言えば、スピードとドリブルでの突破力。

そして攻めの気持ち。

この写真はそれが上手く撮れたかなぁと。

一人は背中を向け、一人も重心がまだ残ってる。

そして、このオラオラ顔(笑

こういったタイプの選手には最高の突破だよね。

ヒロシカッコいい。

俺が撮りたいのはこんな感じ。

残念ながら、新加入の選手達はまだ、特徴をつかみきれてないんだよね。

一応撮ってはみたけど、イマイチ。。。

ブレてるとかそんなんじゃないだけどね。

一眼レフ使っててブレるとかそんな事ありえないしね。

ズームして撮る事は誰でも出来る。

ただそこに何を見せたいのか、伝わる物を撮りたいなと。

そのための技術がまだまだありません。

磨かなければ。。。
   NEXT >>>